30代1歳児持ち資格なしの転勤族の妻が正社員で就職しようと思ったわけ

こんにちは、とま子(@tomako_kozure)です(・㉨・)

今日は30代1歳児持ち資格なしの転勤族の妻が正社員で就職しようと思ったわけについて書きます。

6ヶ月かかったけど希望条件で内定が出た!

先月末、無事に希望条件で内定を頂き、来月から正社員として仕事をすることになりました✨

昨年9月にハローワークに行き始め、本格的に就職活動開始したのが11月。

6ヶ月かかりましたがやっと仕事が見つかりました👏✨

振り返ってみたら長く厳しい道のりでしたが、ほんと諦めなくて良かった😭

こんな私でも仕事が決まったこと、そして同じ立場の方の少しでも参考になればと思い、これから数回に分けて私の就職活動について書きたいと思います。

↓「初めての転職」についても読んで見てください😊

夫の転勤がのびた時、妻が就職するチャンス

夫は転勤の多さが普通ではないですが一般的な会社員です。(勤続7年目で転勤5回)

年収は具体的には言えませんが、家族3人で普通に生活をしていれば何も困ることなく生活ができます。昨年も夫の給与だけで2回国内旅行ができたし、毎月貯金もできていました。つまり(批判が来るかもしれませんが)、私が絶対に働かなくちゃいけない状況ではないのです。

現に夫の同僚の奥様方は地方の支社だとほぼ専業主婦をされていました。おそらく夫の給与だけでやっているけるから、という理由だけではなく、夫の転勤が(地方勤務の場合は)高い可能性で1~3年のスパンであるからだと思います。また、地方勤務だと支社内の人数が少ないところが多く、慢性的に長時間勤務になっており、子どもがいると確実にワンオペ育児になるから妻たちは安易に働けないのです。(なので子供が小学生以降だと単身赴任の人が多い😥)

ただ、昨年4月に夫が東京本社に異動になったことでこの状況が変わりました。

地方だと転勤のスパンが1~3年だったのが、本社だと5年になったのです!(もちろん全員が確実に5年で転勤ということではありません。1年以内で転勤になる人もいれば、何十年と転勤がない人もいます。一般的には事前に次の転勤のスパンを教えてくれることは珍しいことですが、夫は上司との直近の面談で「5年以上」と聞いています。)

5年あれば、私の人生が大きく変わる!

現に私は今から5年前、夫と出会ってもいませんでした。それがこれまでの5年間で夫と出会い、結婚し、転勤に帯同したことで2回の転職、そしてたまごろが生まれ、夫の転勤で退職、専業主婦→学生→再就職…ほんと5年って長い!

そう思うと、この地に留まれる5年間はとても貴重な時間。

今、頑張って就職して①キャリアをとめず、②稼げるうちにしっかり稼いで、③将来の選択肢を広げておきたい!という思いで就職活動をしてきました。

※この4月から夫は異動で勤務時間が変更され、私が一日完全ワンオペ育児をしなくてよくなったことも就職活動の後押しになりました。

①キャリアを止めたくない

昨年4月の夫の異動(広島→千葉の転勤)で私は仕事(正社員)を辞めました。

引っ越しをしてきた当時、たまごろも生後3ヶ月だったし、認可・認可外保育園には空きは全くないし、関東での生活が人生初で路線図も全くわからないし、当分は専業主婦として頑張ろうと思って過ごしていました。

育児は楽しいけど思っていた以上に大変で毎晩寝る前に「今日、私は何してたっけ?」と思うくらい疲れていました。もちろん、今も疲れますが、当時は毎晩の夜泣き対応や頻回授乳、月齢に合わせた離乳食作り、知らない土地でのママ友との付き合い…0歳児の育児はほんとに毎日が体力勝負でした。

大人と話したいなぁと思って支援センターや公園でママ友たちと話すのは楽しかったのですが、話の中心は子どものこと。夫と話す内容もほぼ子どものこと。

いつの間にか私は「たまごろママ」になっていました。

※誤解してほしくないのは私自身すごくお母さんになりたかったし、今だって「たまごろママ」と言われて嫌な気持ちはないです。

9月を目前に周りのママ友が職場復帰や保活の話をするようになってきた時、私に心境の変化が現れ始めました。

私、このままでいいのかな?でも、仕事をしていないと保育園なんて入れないし、いつか第二子だってほしいし、夫の転勤が早まるかもしれないし…

今はたまごろのことが一番大事だし、成長をずっと側で見ていたいし、長く一緒にいられるのは幼稚園に入園するまでだし…と思っていました。

でもたまごろが幼稚園に入園した時、私は何の仕事ができるんだろう?

ブランクがあってもやりたい(やりがいのある)仕事ってできるんだろうか?

私のキャリアってどうなるのかな?

悶々と不安や葛藤を抱えている時に夫の相談すると夫から「今、就活やってみたら?」と背中を押され、ハローワークに行き、雇用保険の受給と就職活動を開始しました。

②稼げる時にしっかり稼いでおきたい

私は就職活動を開始した当初から「正社員」や「紹介予定派遣」や「正社員登用試験あり」の求人しか見ませんでした。

それは上記にも書きましたが、「稼げる時にしっかり稼ぎたい」と思ったからです。

転勤族の妻が「正社員」で働くなんて会社や社会を舐めているように聞こえるかもしれません。(仮に私が会社側の立場だと途中で夫の転勤で辞めるのがわかっているなら初めから働くな!って言うかもしれません。)

夫の転勤のスパンがこれまでより少し長くなったからといって転勤がなくなったわけではない。また、幼いたまごろが突然病気になって私が休みがちになり、新しい職場に迷惑がかかる。なので当初はいつかある転勤や子どもの病気に備えて融通の効くパートや契約社員、派遣社員で働くのがいいのでは?と私も考えていました。

そこで単純に稼ぐことだけを考えて給与のシュミレーションをしてみました。

①パートの場合

時給1,000円1日7時間週5日勤務:7,000円/日×22日=154,000円/月(=年間約180万円)

→扶養から外れて社会保険を払う必要があり、手取りが減る。

扶養内で働くとしたら→

時給1,000円1日6時間週4日勤務:6000円/日×17日=10,2000円(=年間約120万円)→たまごろの保育料は70,000円/月なので2/3以上が保育料で消える😭

②派遣社員・契約社員の場合

時給1,200円で1日7時間週5日勤務:8,400円/日×22日=184,800円/月(=年間約220万円)

→賞与がない、交通費がかかる場合が多い、3年以上は同じ職場は難しい

③正社員の場合

月給制1日7時間週5日勤務:給与が月20万円+賞与年2回(3ヶ月分)=年間300万円

ちゃんと数字を書き出してシュミレーションしたら正社員が一番いいとわかりました。

また、次に転勤になったら1~3年の短期間で転勤になる可能性が高くなるので私が正社員で働くのは厳しい=しっかり稼ぐなら今しかない!!

そして私は「正社員」で就職することを目指して就職活動をとことんする、それでダメならパートや派遣社員や契約社員に切り替えようと思いました。

③将来の選択肢を広げておきたい

これから私が働くことによって得られるお給料は当分は全額貯蓄しようと思っています。

将来、たまごろがやりたいこと(例えば進学や留学)でお金が必要となった時や親の介護の時などいざという時に使えるようにするためです。

また、夫の心身に万が一のことがあって仕事を休んだり辞めることになった時、私がしっかり働いて稼いでいれば、夫に無理をさせることがなくなるし、家計が崩壊することは防げると思っています。

次に夫が転勤になっても、ブランクがないほうが私の転職もしやすいかもしれないし、たまごろが転勤について行きたくないと言ったり、私が仕事を辞めたくないと思った時にも私が働いていれば夫が単身赴任しやすく、2倍の生活費にも耐えれる(かもしれない)。

今、私が働くことで将来の選択肢が広げれられるのであれば、そのためにも頑張って就職をしようと思いました。

初めから何もかも諦めないで!

私も就職活動をするまでは「30代」「1歳児持ち」「資格なし」「転勤族の妻」の4重苦の私が正社員で就職するなんて無理に決まってると思っていました。

自分が一番自分のことを信じていませんでした。

就職活動をし始めてからも応募書類を送った25社中、23社に落ちました。(書類通過は3社)

残念な結果を見て何度も何度もやっぱり無理だ!と諦めかけ、自分の価値を下げるような条件に変更したり、就職活動自体をやめようとしていました。

だけどそれでも6ヶ月間、ほぼ毎日、ネットなどで求人をチェックし、いいなと思った求人にはすぐに応募書類を送り続けました。時間はかかったけど、運とタイミングに恵まれ、希望条件で就職が決まったので、諦めなくてほんとに良かったと思っています。

これを読んで下さって、今、就職について悩んでいる方へ。

そして将来、再度就職活動をしている(かもしれない)私へ。

初めから諦めないで!

とことんやってダメなら諦めるのもよし、条件を変えるのもよし。

やってみないと何も始まらないと思います!

結果は必ずついてくるし、ダメの場合もとことんやったら納得がいくから。

そして就職活動してみようかなと思ったら、即行動!今から頑張ってみてください!!

ブログ村に参加しています。

素敵なサイトがたくさんありますので、是非見てみてくださいね!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする