子連れ転勤族

2016年12月に第一子の長男(通称たまごろ)が誕生。初めての育児に奮闘する転勤族一家のものがたり

赤ちゃんもママも安心して過ごせる部屋を考えてみました

time 2017/09/09

赤ちゃんもママも安心して過ごせる部屋を考えてみました

こんにちは、とま子です(・㉨・)

今日は赤ちゃんもママも安心して過ごせる部屋を考えてみたことについて書きます。

 

生後9ヶ月の現在のたまごろはズリバイで自分の好きなところに好きなように移動できます。

たまごろが主に日中を過ごすリビングではベビーゲートや手作りのベビーフェンスでたまごろの動ける範囲を囲って大判のジョイントマットを敷いて安全対策をしています。

→参照「コスト0円―段ボールとシーツでベビーゲートを作りました

→参照「ベビーゲートー日本育児・スマートゲイトⅡを購入しました

 

たまごろが囲われているスペースはキッチンから見えるので今のところ安心です!

 

sponsored link

ジョイントマットを敷いて何も置かない部屋を作った

我が家にはリビングの隣に6畳ほどの部屋があります。

この部屋はリビングと4枚の板扉で仕切られており、板扉を開けるとリビングとつなげることが出来ます。

普段、この部屋で私とたまごろが布団を敷いて寝ています。(夫は別室でセミダブルとシングルのベッドをくっつけたキングサイズ以上のベッドで一人悠々と寝ています😒)

ズリバイで動けるようになる前の生後6ヶ月からたまごろの遊ぶスペースがリビングの一角だけでは手狭になってきたので、リビングの隣の部屋にもジョイントマットを敷きつけてたまごろの遊べるスペースを広げました。

📷ネットで大判のジョイントマットを購入して部屋に敷き詰めました

📷完成はこんな感じ

📷たまごろもリビングと行き来しています

 

↓このジョイントマットは安い割にはなかなかGOOD👏✨

我が家の購入したマットは厚さ1cm、色はベージュ(実物はサーモンビンクっぽい💦)です。

ジョイントマットの端もあるので綺麗に敷き詰められます☺

でも敷き詰めた当初はジョイントマットがビニールっぽい臭いがキツかったので何度も水拭きをして2、3日は窓を開けて臭いを消しました😅

リビングの隣の部屋は私がキッチンにいたら目が届かないので、床には何も置かず、全てクローゼットに収納するか、壁掛けにしています。


コンセントはいたずら出来ないように穴を塞いでいます

 

安心安全な部屋で親子ともにストレスフリー\(^o^)/

 

普段はここで私とたまごろはハイハイの練習や追いかけっこをしたり、ボール遊びをしたりしています。

たまごろも一生懸命ズリバイをするので汗だくになりながら遊んでいます☺

 

床に何も置いておらず、ジョイントマットを敷き詰めているので掃除もとっても楽ちんです\(^o^)/

ジョイントマットを敷いて3ヶ月が経ちますが今のところヘタリもありません。

 

新たな問題が発生中

何も置いてないから物はないけどカーテンと窓はあるリビングの隣の部屋。

たまごろはそのカーテンを引っ張ったり、窓を叩いたりします😓


なので私がキッチンで料理をする時はリビングに連れてきていますが、すぐにリビングの隣の部屋の扉を自分で開けようとしています💦(実際に時間がかかるけど扉が開けられるようになりました😥)

 

うーん。。。

カーテンと窓のほうに行かないように100均の芝のマットでも買おって敷き詰めようかな゚😵💦

 

またいいアイディアが思い浮かんだら書きたいと思います。

 

 

ブログ村に参加しています。

素敵なサイトがたくさんありますので、是非見てみてくださいね!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

sponsored link

down

コメントする




仕事

つぶやき

書いている人

とま子

とま子

2015年3月に転勤族の主人と結婚。 現在、初めての転勤、転職、妊娠・出産→育児を体験中のアラサーです [詳細]

最近のコメント

    

    sponsored link