コスト0円―段ボールとシーツでベビーゲートを作ってみました

こんにちは、とま子です(・㉨・)

今日は一段と暑かったですね💦

なので夕方まで家に引きこもっていました😂

赤ちゃんがいると熱中症が気になってなかなか外出できませんね。

今日はコスト0円―段ボールとシーツでベビーゲートを作ったことを書きます。

赤ちゃんの成長スピードはとっても早い!

たまごろは生後5カ月で寝返り、生後7か月でズリバイをマスターしました✨

そして生後8か月の現在、ハイハイの特訓中です☺

↓📷気づけばこのポーズをとっているのでもうすぐでハイハイも出来そうです(^^)/

成長が嬉しい反面、色んなところに勝手に行ってしまうようになって目が離せません💦

我が家の間取り

↓📷下手な絵ですが、たまごろが日中過ごすリビングはこんな風になっています。

赤メッシュの場所にジョイントマットを敷いてたまごろを放牧しています。

↓📷ジョイントマット

たまごろが放牧している場所の広さは大判のジョイントマット16枚=約220㎝四方です。

我が家はリビングとキッチンが一緒になっているので、料理しながらたまごろの様子が見れるのがいい反面、たまごろがキッチンに来たがります⚠

なので料理中はバウンサー(ロッキングチェア)にたまごろを入れて目の届くところに置いてみたり、抱っこ紐でおんぶをしていましたが、たまごろが動きたくて落ち着かない💦

毎日、掃除機をかけていると言えども、テーブルやソファの下はほこりがたまりやすいから行ってほしくない!

家電(テレビ・扇風機・空気清浄機など)も気になるようで、気付いたらコードを噛んでいたりします😓

ベビーゲートを急いで設置しなければ‼😰

ベビーゲートは種類が豊富!

ベビーゲートには突っ張り棒タイプやベビーフェンス=囲うタイプのもの、色々ありますね!

シンプルだけどメッシュで良さそう!

広いスペースもカバーできてうちにいいかも!

カラフルで中におもちゃもあってかわいい♡

ママ友の中には100円均一で突っ張り棒とすのことフェンスを購入してDIYをしている方もいました👏✨

凄いですね😊✨

我が家もまずは家電や家具を囲うのか、それともたまごろを放牧しているスペースを囲うのか考えました。

結果:ジョイントマットを敷いているスペースはたまごろをが倒れても安心なので、たまごろを放牧しているスペースを囲うことにしました!

しかし、ネックになるのが我が家は転勤族であるということ😨

次、どのタイミングでいつ引っ越しになるか分かりません。

なので極力、物を持たないようにしたい!(←夫、力説!)

そうなるとベビーフェンスは大きい😿

値段もなかなか高い💦

リビングに圧迫感が出てしまう😱

夫が休日に100円均一とホームセンターに行ってDIY用のグッズを探してくれたけど、パーツをすべて揃えるとお値段的になかなか高くついてしまう。。。

我が家的には費用を極力かけず、柔軟性に長けていて、安心安全なベビーゲートを設置したい

たどり着いた先は段ボールとシーツ

備蓄している災害時用のミネラルウォーター(1箱:2リットリ×6本)を見た夫が閃きました✨

↓📷備蓄しているミネラルウォーター

これは使える!!

近くのスーパーで2リットルのペットボトルが入っていた段ボールをもらってきて中に水を入れたペットポトルや本・漫画を入れて並べてみました

↓📷段ボール(箱の重さは約5kgくらい)を並べてみた

↓📷キッチンとリビングの間にも並べてみた

↓📷段ボールだと味気ないので(使っていない)シーツを巻いてみた

あっという間にベビーゲートの完成(^^)/

(ローテーブルとソファの前にはメリー&お昼寝用マットとロッキングチェアを置いてガードしています)

コスト0円!

段ボールの高さもちょうどよくて、たまごろのつかまり立ちの練習になります

今は段ボールを横置きにしているけど、高さがもう少し必要になった時には段ボールを縦置きにして調整も可能

たまごろに押されるようになったら中に入れるものを増やして重くすることも可能

よだれや汚れがついてもシーツなので洗えて衛生的!!

不要になったら捨てれる

ただ厄介なのが、掃除です…

私は毎日、段ボールをどかせて掃除しています😓

夫曰く、私の筋トレ(ダイエット)にもなっていいね!とのことですが…💦

まぁ当分はこの段ボールとシーツで出来たベビーゲートを使おうと思います🙋

(私は掃除兼筋トレ、頑張ります~😿)

ブログ村に参加しています。

素敵なサイトがたくさんありますので、是非見てみてくださいね!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする