子連れ転勤族

2016年12月に第一子の長男(通称たまごろ)が誕生。初めての育児に奮闘する転勤族の一家のものがたり

冬産まれの赤ちゃんのお宮参りー天候と赤ちゃんの機嫌は難しい

time 2017/03/15

冬産まれの赤ちゃんのお宮参りー天候と赤ちゃんの機嫌は難しい

こんにちは、とま子です(´✇`)

昨日はホワイトデーでしたね。

夫は仕事だったので不在でしたが、一昨日にちゃんとケーキを買ってきてくれました♪

そのケーキで3/15の結婚記念日、3/16のたまごろの生後100日記念なので全部まとめてお祝いをしました!

なので、産後ダイエットは一時休戦中です☻

 

★・・・・・・★・・・・・・★

今日は冬産まれの赤ちゃんのお宮参りー天候と赤ちゃんの機嫌は難しいについて書きます。

 

お宮参りとはその土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事のことです。

地方により様々ですが、一般的にお宮参りの時期は、男の子では生後31、32日目、女の子では32、33日目が良いとされているようですが、天候や赤ちゃん、お母さんの体調に合わせて行うのでもいいとされています。

 

★お宮参り1回目→悪天候のため断念

我が家の場合、たまごろは12月7日産まれなので、1月中旬に行う予定でした。

しかし、お宮参り当日は温暖な瀬戸内に雪が積もる極寒日。

無理は出来ない、と判断し里帰り中だったので実家で写真だけ撮りました。

スタジオでの撮影も考えていたのですが、写真代がバカにならないし、生後1か月のたまごろを寒い中外に連れ出すことが怖かったので、実家の和室で撮影会をしました。

79歳の祖母も含めて集合写真が撮れたので、家族全員大満足でした!

 

 

★お宮参り2回目→天気最高、たまごろの機嫌最悪

3月に入って暖かい日が増えてきたので、両親を呼んで自宅の近くの神社にお宮参りをすることにしました。

たまごろが朝寝を1時間した後、お腹いっぱいになった状態で神社に向かいました

当日は仏滅だし空いているだろうと思いきや、意外に混んでる!!

しかも順番待ち+同時に4組の祈祷なので、受付、待ち時間、祈祷が終わるまで1時間を要しました。

すると社殿の中で祈祷待ちの時にたまごろが愚図り始めてしまいました。

外は暖かかったので、セレモニードレス+肌着で大丈夫だったのですが、社殿は寒い・・・

慌てておくるみで巻いたのですが、一旦たまごろの不機嫌スイッチが入ってしまったためグズグズは祈祷中まで続きました。

祈祷後、たまごろはブスっとした顔で記念撮影。。。

天候と赤ちゃんの機嫌は難しいですね(´∀`;)

 

 

★お宮参りの服装

たまごろには退院時に来た真っ白のカバーオールを着させました。(男の子なので、セレモニードレスは買いませんでした。)

私はワンピース、夫は1回目はスーツ、2回目は普段着した。

スーツじゃなくていいの?と思いましたが、意外にも普段着の方が多数いました。

最近はそこまでかしこまらなくてもいいのかな?

お初着はネットでレンタルして用意しました。(1回8000円くらいです。)

よだれかけ、帽子、お守りも含めて一式ついてくるのでとても便利でした。

 

 

引っ越し前にきちんとお宮参りが出来て良かったなと思ってます☺︎

 

 

ブログ村に参加しています。

素敵なサイトがたくさんありますので、是非見てみてくださいね!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

sponsored link

down

コメントする




仕事

つぶやき

書いている人

とま子

とま子

2015年3月に転勤族の主人と結婚。 現在、初めての転勤、転職、妊娠・出産→育児を体験中のアラサーです [詳細]

最近のコメント

    

    sponsored link