生後2か月半の子持ちが遠方に転勤になった!―現地での物件探し

こんにちは、とま子です(・㉨・)

今日は地上波で「アナと雪の女王」をやってましたね!

もちろんバッチリ録画しました。

これは夫と結婚前に見たなぁとしみじみ…

息子たまごろがもう少し大きくなったら一緒に見たいなと思います☻

★・・・・・・★・・・・・・★

今日は生後2か月半の子持ちが遠方に転勤になった!―現地での物件探しについて書きます。

夫の転勤が決まった3日後に夫だけが現地に物件を探しに行くことになりました。

夫の滞在時間は1泊2日、移動時間を考慮すると実質1日。

そのため、事前に住みたいエリアを3か所に絞り、不動産屋さんから物件案内をメールでもらい、内見のアポも取り付けて、準備はバッチリ!(→「生後2か月半の子持ちが遠方に転勤になった!―現地で物件探し」も是非読んで下さい☻)

現地に夫が行くまではそう思っていました(╥_╥)

下記に私たちがやらかした失敗事例を書きます↓

★失敗した現地での物件探し

私たちが住みたいと思ったエリアは最寄駅が始発駅且つ複数路線が乗り入れていたり、新興住宅地だったり、いわゆる家族で住んで通勤するのに便利なエリアでした。

また、部屋の間取りを3LDK以上に絞っていたので、もともと紹介してもらえる物件が少なかったです。

特にいい物件はまだ居住者がいるので内見できなくて決めきれず、とてももどかしい思いでした。

更に夫が現地入りした2月下旬の週末は転勤・新生活のために物件がものすごい勢いで動いていました

先にメールで紹介してもらっていた物件はすでに契約済みになってしまったものが多く、迷っていた物件もどんどん契約済みになっていきました。

現地入りした夫から「○○マンションは先約あり」、というメールが送られてきていました。

しかし、私は「そんなこともあるだろうな」と思ってはいましたが、手持ちの駒(候補の物件)はたくさんあったので、どれかに決まるだろうと高を括っていました。

そのため、ネットで追加の物件をリサーチすることなく、夫から送られてくるメールや内見の写真を見て、住める住めないの判断をしていました。

そうしているうちにどんどん時間は経っていって、物件もなくなっていきました。。。

しかも私がいるのは広島なので18時ごろまでは外は明るいのですが、関東は17時前には真っ暗です。

そのため私と夫の時間感覚に1時間のズレがあり、夫がギリギリ内見できたのは17時半まで。

(真っ暗だと周囲の雰囲気も部屋の明るさも分からないので、暗くなると内見しても意味がない。)

1日目の最後に内見した物件が夫が見た中で一番良かった、とのことで取りあえず仮押さえをしてもらい、1日目は終了。

2日目に賭けることになりました。

1日目の夜、たまごろを寝かしつけてから夫と電話で2日目の動きをどうするか話し合いました。

夫は事前準備の時に絞ったエリアではないところに物件を探しにいくことを提案していましたが、私は頑なに拒否

と、いうのも、事前準備でその絞ったエリアをGoogleearth(ストリートビュー)で見ていたり、保育園事情を役所に問い合わせて調べていたので、新たにエリアを出されて、事前準備と同様のことが1日で出来るとは思えなかったからです。

そのため、夫にはもう一度、事前準備で候補に挙げたエリアに行ってもらうことになりました。

これが大きなミスに繋がりました。

2日目の午前中は夫は東京で仕事があったので、私が候補のエリアの不動産屋さんに手当たり次第、電話をしていきました。

しかし、そこで提示される物件はすでに見ていたり、こちらの条件と外れていたり、となかなかいい物件に巡り合えません。

息子たまごろも愚図るし、家事もしないといけないし、、、なかなか自由が利かない状態で不動産屋さんと電話とメールでやりとりをするのは非常にキツかったです。

夫が前日に提案したエリアの物件も持つ不動産屋さんがあったので、事前準備の時に決めた候補のエリアとまとめて物件を紹介してもらえるようアポを取り付けました。

午前中の仕事を終えた夫にすぐに不動産屋さんに向かってもらい、物件案内を見てもらい、内見をいくつかしてもらいました。

しかし、ピンとくる物件がなく、どんどん時間が過ぎていきます。

滞在できるギリギリまで夫は前日に提案したエリアで不動産屋さんに飛び込み、物件を探しましたが、巡り合えず。。。

こうして現地での物件探しはタイムアップになってしまったのです。

★失敗の原因は?

・事前準備で絞ったエリアや住宅の条件などを頑なに守りすぎた

・現地の日没時間を考えていなかった

・常に最悪の場合を考えての行動(リスクヘッジ)ができていなかった

こんな中でも取りあえず、1日目の最後に見た物件を仮押さえをしていたことが不幸中の幸いでした。

諦めきれない私たちは夫が帰宅した深夜から朝方まで話し合い、ネットで調べて翌日に関東に住む義母に協力を要請し、物件を探しました…が、いい物件はありませんでした。(いい物件があると飛びついて義母に不動産屋さんまで行ったら、実は事故物件だったり。。。)

その後、冷静になって夫と話し合い、仮押さえしていた物件に落ち着きました☻

今回、生後2か月半のたまごろを片手に不動産屋さんに電話やメールをしたり、普段なかなか連絡を取らない義母とやりとりをしたり、ほんとに心身ともにヘトヘトになりましたが、なんとか転居先が決まって良かったです(・´ω`・)

この記事を自分の備忘録として、今後の転勤の際にも活かそうと思います!

ブログ村に参加しています。

素敵なサイトがたくさんありますので、是非見てみてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする