子連れ転勤族

2016年12月に第一子の長男(通称たまごろ)が誕生。初めての育児に奮闘する転勤族一家のものがたり

里帰り先から自宅に戻って1か月―気持ちの浮き沈み

time 2017/02/22

里帰り先から自宅に戻って1か月―気持ちの浮き沈み

こんにちは、とま子です(•ﻌ•;)

今日は朝から引っ越し先の候補地について調べています。

夫が図書館で借りてきてくれた地図と路線図とPCと睨めっこです。

明後日には夫が上京して物件を見る予定なので、候補地の絞り込みを今日には終わらせたいと思います☺︎

 

★・・・・・・★・・・・・・★

 

今日は里帰り先から自宅に戻って1か月―気持ちの浮き沈みについてを書きます。

 

 

★ネガティブモード全開の1週間

今日で息子たまごろは生後76日目、そして里帰り先(四国)から自宅(広島)に戻って1か月が経ちました。

 

帰ってきた当初、日中はずっとたまごろと二人っきり、外は寒いのでずっと家に引きこもっていました。

 

たまごろとずっと一緒…でも、どこにも行けないし、昼夜関係なく無くたまごろをフラフラな状態でお世話をしないといけない。

2年前に転勤で引っ越してきたので周りには気軽に話ができる友達もいない。

また、自宅に戻ってすぐに夫が腹痛と発熱(ノロかと思った!)でダウン。

 

慣れない家事と育児の両立に夫の看病がのしかかり、精神的にも肉体的にもほんとにキツイかった(´∀`;)

 

気を紛らわそうとスマホでSNSを見れば、友達がキラキラした生活を送っているように見えました(´д`、)

地元のママ友に相談LINEをしても「頑張れ!」で終わってしまって…

 

私は自宅に戻った1週間程は気分の浮き沈みが激しく、ネガティブモード全開でした!

 

 

★段々と落ち着いてきたきっかけ

母が毎日LINEのビデオ電話をしてきてくれて、他愛もない話をしていました。

また、風邪から復活した夫が休日に数時間、たまごろの面倒を見てくれてゆっくりお昼寝や一人で買い物に行って気分転換をしていました。

段々、抱っこ紐にも慣れてきて、外気浴を兼ねてお買い物したり、散歩したり…

つらい時はTwitterでつぶやいたり…

 

こうしているうちに気分の浮き沈みは段々と軽くなってきました。

 

今もたまごろのお世話で家事に手が回らないこともありますが、そこは割り切ってます!笑

始めは家事も育児も完璧にしようとしていたのですが、今は出来る範囲でやるようにしていますし、それに対して夫も理解してくれています。

 

まだまだいつも気分が落ち着いている状態ではありませんが、マイペースに家事と育児をして、たまごろの成長を楽しみたいと思っています☺︎

 

 

ブログ村に参加しています。

素敵なサイトがたくさんありますので、是非見てみてくださいね!

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

sponsored link

down

コメントする




仕事

つぶやき

書いている人

とま子

とま子

2015年3月に転勤族の主人と結婚。 現在、初めての転勤、転職、妊娠・出産→育児を体験中のアラサーです [詳細]

最近のコメント

    

    sponsored link