里帰り出産をして良かったこと、大変だったことをまとめてみました

こんにちは、とま子です(•ﻌ•;)

明日、里帰り先から自宅に帰るので、荷物をまとめています。

来た時は小型のスーツケースと紙袋1つだけだったのに、車に積めないくらいの量になっています(´∀`;)

長男・たまごろのものが増えたというのはあるのですが、増えすぎ…

明日の朝までに整理したいと思います☺︎

★・・・・・・★・・・・・・★

今日は里帰り出産をして良かったこと、大変だったことをまとめて書きたいと思います。

私が里帰りをしたのが、妊娠35w6d。

長男・たまごろが産まれたのが妊娠39w4d。

今日でたまごろは生後45日。

およそ2ヶ月半、里帰りしていたことになります。

✿よかったこと

・家事全般を母にしてもらったので、妊娠中は出産に向けてのんびり過ごせたし、出産後は育児に専念することが出来た。

・普段、なかなか会えない祖母や地元の友達に会うことが出来、わが子もお披露目することが出来た。

・出産や育児に関する不安などを実母に聞いてもらえたので、マタニティーブルーや産後うつにはならずに済んだ。

✿大変だったこと

・里帰り期間中、夫に5回も実家に来てもらったので、交通費がかさんだ。(夫は私の入院中は一人で私の実家で過ごすことになり、気を遣う日々だったと思います。。。)

・母や祖母からの出産・育児に関するアドバイスが古いことや小言にイライラすることがあった。

・実家を出て10年ほどが経っていたので、生活スタイルの違いから戸惑うこともあった。(食事の時間や掃除の仕方など)

結論として、私は里帰り出産をしてよかったと思います。

理由としては自分の身体を休めることもできたし、たまごろのことだけに集中することが出来たからです。

夫としてはたまごろの成長が見たいこともあって、もう少し早く帰ってきてほしかったみたいですが…(;´ 3`)

お世話になった両親には明日、きちんと感謝の気持ちを伝えたいと思います☺︎

ブログ村に参加しています。

素敵なサイトがたくさんありますので、是非見てみてくださいね!


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする