出産レポート―2016.12.7長男誕生

お久しぶりです、とま子です(๑❛ᴥ❛๑)

2週間ほどblogの更新を滞っておりました。

遅くなりましたが、2016年12月7日14時27分 2804g、46.7cm、長男(通称:たまごろ)を無事出産しました。

予定日より3日早く産まれてきたたまごろ、隣ですやすや眠っている姿にとても幸せに感じています☻

*:–☆–:*:–☆–:*:–☆

今回は私の出産について書きます。

✿2016年12月6日-出産前日

12月2日38w6dの定期健診では子宮口が2cm開いているものの、たまごろがまだ下がってきていないため、もしかしたら予定日を過ぎるかも、と言われていました。

私は落ち着かない気持ちの中、毎日の日課であるウォーキング、スクワット、階段の上り下り、恋ダンスをこなしました。(臨月の妊婦の運動―安産・お産を早めるために試し始めたことも読んで下さい☻)

19:00

昼寝中にふと生理痛のようなお腹の違和感で起きました。

まさか!と思い、トイレにいったら、おりものと一緒に血がついていました。

「おしるし」でした。

破水をしていないことを確認し、母におしるしがきたことを伝え、寝床に戻ろうとしましたが、お腹の違和感は続くばかり。

母がお風呂と夕食の準備をしてくれている間に広島にいる夫に電話をしました。

その日、夫は懇親会と聞いていたのですが、夫は立ち合い出産が出来るよう着替え一式なども持って出ており、準備バッチリ‼

懇親会にも関わらず、お酒も飲んでいない夫…陣痛がくることを知っていたかのようです(;゚∀゚)

シャワーを浴び、夕食を食べる段階になってお腹の痛みが狭まってきているのを感じました。

お腹の痛みはまだ一定間隔ではないものの、とりあえず夫に再度電話。

夫は22時23分広島発の新幹線に乗らなければその日のうちに里帰り先まで来れません。また、会社を休んでもらうことになるので、慎重にいきたかったのですが、初めての出産のためこれから陣痛に繋がるのかわからない状況でしたが、とりあえず里帰り先の産院まで来てもらうことにしました。

21:00

産院に電話で状況を伝え、とりあえず健診となったので入院グッズ一式を持って病院へ

22:30

陣痛の間隔は10分を切っており、夜間ということで病室ではなく分娩室で入院となりました。(後から聞いたら病室が空いていなかったみたいです。。。)

この時はまだ余裕があり、陣痛が和らいだ時には分娩台の上でも付き添いの母と雑談をしていました。

2016年12月7日-出産日

1:00

夫が産院に到着。

助産師さんから子宮口3cmのため、今晩は産まれないので、帰ったほうがいいと促され、母と夫は実家に戻ってもらいました。

そこから分娩台で一人になり、狭くなる陣痛間隔と陣痛の痛み逃しのための呼吸法を続け、朝を迎えました。

8:00

夫と母が再び産院に来てくれた時には子宮口5cmまで広がっていたものの、そこからが長かった…

病院から出された朝ご飯を分娩台の上で食べ、夫や母と雑談すること2時間、あまりにも子宮口が開いてこないので、陣痛促進剤の投与となりました。

11:00

促進剤を打ってから約1時間で子宮口が7cmまで一気に広がりました。

雑談する余裕はなくなり、必死にいきみ逃しをするものの、あまりにも痛くて呼吸が乱れました。(ほめてくれていた助産師さんから「息吐いて‼」と何度も注意されるくらい過呼吸気味になってました。。。)

夫はテニスボールを必死に私の肛門に当ててくれていみき逃しを試みるものの、出そうで出してはダメ、いきんではダメ、の状況に何度も助産師さんに「あと何分くらいですか?」と聞いていました。

促進剤は少量だったにも関わらず、効きすぎたため、促進剤の投与を中止

すると、またもや子宮口は開いてこず、お腹のたまごろも下がってこなくて、痛みが続く一方でこのままだと緊急帝王切開になると言われました。

お腹のたまごろのためにも早く出したほうがいいなら、と思い帝王切開も覚悟しました。

12:30

夫と母は交代でお昼を取ってもらいましたが、私は水を飲むのがやっとの状況、長引く陣痛に体力も落ちてきていました。

するとお腹のたまごろが空気を読んだのか、一気に下がってきて子宮口も9cmまで広がり、やっといきみ逃しから解放されました。

13:00

陣痛がくると助産師さんの合図に合わせて一生懸命いきみました。

体力が落ちていることもあって途中から酸素マスクをしてもらいました。

「もう少し、もう少し」と夫や母の声を信じて、いきみ続け、先生に会陰切開をしてもらい、最後の力を込めていきむと…

14:27

オギャー‼

img_9290

元気な産声と共に長男・たまごろが誕生しました‼

私は喉がカラカラになっていたので、何も言えず放心状態だったと思うのですが、隣にいた夫を見ると泣いていたのを覚えています。

その時、ちゃんと産めた、ちゃんと産まれてきてくれたんだ、と実感が沸きました。

多嚢胞性卵巣症候群と診断され、治療・妊活をした1年8ヶ月と妊娠期間39w4d、やっと会えたたまごろに感無量です♥

今日でたまごろが誕生して14日目、出産前日から連日寝不足ですが、たまごろと一緒に過ごせることを幸せに感じています。

次からは初めての育児について書いていきたいと思います☻

ブログ村に参加しています。

素敵なサイトがたくさんありますので、是非見てみてください!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラサー主婦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする