子連れ転勤族

2016年12月に第一子の長男(通称たまごろ)が誕生。初めての育児に奮闘する転勤族の一家のものがたり

妊娠中の旅行で注意すること、あると便利なものをまとめてみました

time 2016/11/23

妊娠中の旅行で注意すること、あると便利なものをまとめてみました

こんにちは、とま子です(・㉨・๑)

今日は妊娠8ヶ月の友達とランチをしてきました。

話すこと3時間半、終始「妊婦あるある」で大盛り上がり‼

気付けば、ランチプレートとパンケーキを2人でペロリと平らげてしまっていました。。。

img_9003

体重管理、難しいです(-ω-;)

 

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚

 

今日は妊娠中の旅行について書きます。

 

最近はマタニティ旅行(=マタ旅)というのが旅行代理店のパックツアーでもあるくらいメジャーになってきてますね☻

私も妊娠19週目(to大分・宮崎)と妊娠29週目(to山口)に旅行をしました。

その時に注意したこと、持って行って良かったものなどを振り返って紹介します。

 

〇妊娠中の旅行にベストな時期

安定期に入った妊娠5ヶ月~7ヶ月ごろと言われています。私は妊娠29週目(妊娠8ヶ月)の時にも旅行しましたが、産院の先生に事前に相談したり、宿泊地の近くの病院について調べておきました。また、旅程に余裕を持たせて、観光はほどほど・旅館でゆったり過ごすことで、なるべく疲れないようにしました。

 

〇移動手段

移動手段はでした。車だと助手席を後ろに引いてゆったりさせたり、自分の体調に合わせて休憩出来たり、無理なく移動出来ます。(終始、運転してくれた夫には感謝です☻)あと、タオルや衣類を持って行き、シートベルトでお腹が圧迫されないように挟んでいました。

 

〇旅館選び

旅館は貸切・家族風呂があるところを中心に選びました。また、事前に妊娠していることを伝え、食べられない食材や料理を避けて出してもらえるか確認しました。温泉宿の時は温泉の泉質を調べ、なるべく「単純泉」であるところにしていました。岩盤浴やサウナにも入りたかったのですが、のぼせる原因になりかねないのでひたすら我慢でした…(。ノ_・。)

 

〇持っていってよかったもの

一番良かったのは、パジャマ・スパッツです!旅館の浴衣もあるのですが、着慣れていないことからはだけてしまったり、転びそうになったりするため、着慣れたパジャマとお腹まですっぽり入るスパッツは必需品でした。

妊娠19週目の大分・宮崎の旅行時期が7月だったこともあり、虫よけスプレーを持っていきました。(ちょうどブラジルでジカ熱が流行っていたこともあり、蚊が怖かったです。。。)虫よけスプレーは赤ちゃんにも使えるオーガニック成分のものを事前にネットで購入していきました。

それと、地味ですが麦茶入りの水筒を持って行って良かったです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶旅館のお茶は煎茶か緑茶のところが多いです。そこまで神経質になることはないのですが、旅館によっては麦茶を用意してくれることもありますし、自分で作った麦茶を移動の時にこまめに飲むことも出来ますよ!

 

 

振り返ってみて、当分の間、夫と2人でゆっくり旅行できることはないなぁ、と思うとほんとに行っておいてよかったです(*´ސު`*)

子どもが大きくなったら、お腹が大きい私が写っている旅行中の写真を見せてあげたいなと思ってます☻

sponsored link

down

コメントする




仕事

つぶやき

書いている人

とま子

とま子

2015年3月に転勤族の主人と結婚。 現在、初めての転勤、転職、妊娠・出産→育児を体験中のアラサーです [詳細]

最近のコメント

    

    sponsored link